衣類のダメージを測るMA値

ハッピーケアメンテのサービスでは、衣類の摩擦を防ぎ、繊維やシルエットを守ることが大切だと考えています。洗浄力を高くしようと思うと、衣類への摩擦が大きくなりやすいため、ハッピーケアメンテでは極力摩擦を軽減させる方法を採用しています。衣類への摩擦度合いを表したものが、デンマークで生まれたMechanical Action洗浄テストです。通称MAと呼ばれるこのテストを利用すると、どのくらい衣類にダメージがかかるか調べることができます。

衣類へのダメージは、MA値10以下が望ましいとされています。ところが水で洗う洗濯機では、MA値40~50ともいわれ、何度も洗濯を繰り返すと、衣類へのダメージが蓄積してしまうのです。そのため、マイルドな洗い方を選択しても、衣類の質感が変化し、シルエットが徐々に崩れてきてしまいます。デリケートな衣類のことを考えると、MA値5以下が理想的です。水の流れだけで洗うことができれば、機械の物理的な摩擦が減らせるため、MA値5以下での洗浄が可能となります。それがハッピーケアメンテの独自技術の洗浄方法で、特許を取得しているため、どこにも真似ができない技術があるのです。

衣類へのダメージが少なく、型崩れしにくいドライクリーニングでも、MA値13はあります。それよりも優しい洗い上がりが可能としたのが、ハッピーケアメンテの技術です。ドライクリーニングは汗など水性の汚れを落とすことはできないため、洗浄力に関しても優しさに対してもハッピーケアメンテの無重力バランス洗浄技術が優れています。無重力バランス洗浄では水洗いを用いるため、水性の汚れも落とすことができ、かつ衣類が無重力状態のように舞うため、摩擦が少ない洗浄方法です。

デンマークで開発されたMAテストとは、布に直径35mmの丸い穴を空け、25cm角の布を用いてテストします。洗浄した後に、5つの穴がどれだけダメージを受けているかで、MA値を測定しているのです。ISO3175における基準として利用されている方法で、MA値50以下なら衣類のダメージが少ないとされています。一般的な洗濯機では、MA値45~55くらいで、それ以下になると汚れ落ちがしにくいため、ギリギリのラインだといえるでしょう。しかし、デリケート衣類を何度か洗っていくうちに、繊維がダメージを負ってしまうと感じてしまうこともあるはずです。

ハッピーケアメンテは家庭用洗濯機のような水洗いを利用しながら、MA値は5以下となるため、デリケートな衣類のケアに向いています。ハッピーケアメンテは家庭で洗うことができない衣類にも対応が可能です。