無重力洗浄装置とは

クリーニング店で利用できる水洗いと、ドライクリーニングには欠点があります。水洗いでは、界面活性剤で汚れを除去するために、揉むやたたくなどの動作が必要です。そのため機械による衣類への摩擦が生じてしまい、洗うたびに衣類が傷んできてしまいます。そこで水洗いのデメリットを克服するために生まれたのがドライクリーニングです。ところがドライクリーニングでは、水性の汚れは落とすことができず、汗を除去することはできません。このようにクリーニング店の水洗いとドライクリーニングは、どちらも問題があるため、それらのデメリットを解消したのが、ハッピーケアメンテです。

ハッピーケアメンテでは、水洗いを採用しています。以前からある水洗いの機械的摩擦を防ぎ、水洗いができるため汗の汚れも除去可能です。ハッピーケアメンテではこれら2つのメリットを用いた、無重力バランス洗浄装置を開発しました。機械の中で衣類が水中を舞うように無重力状態となり、衣類同士がこすれて摩擦を受けることがありません。

ハッピーケアメンテの無重力洗浄装置では、ドラム式の洗浄装置を採用しています。ドラム内に水流が発生し、圧力位差が発生することで、衣類に浮遊力が発生して無重力状態となるのです。衣類はドラム槽内の壁に衝突することがなく、ドラム槽内で広がるように浮遊し洗われていきます。浮遊するように広がる衣類は、摩擦での洗浄ではなく、水流で洗われていくのです。すると界面活性剤が繊維の中まで入り込み、高い洗浄力を実現しました。

ハッピーケアメンテの無重力洗浄装置は、手洗いするより優しいのに、洗浄力は十分発揮できます。ハッピーケアメンテのサービスで無重力洗浄装置を用いることで、今までは水で洗うことができない衣類にも対応可能です。水洗いすると型崩れの原因となる衣類の洗浄や、ドライマーク表示の動物繊維、レーヨンのようなデリケートな素材でも洗うことができます。優しい洗い上がりは、繊維を傷めることがなく、シルエットも崩すことがありません。また、水洗いしてしまうと縮んでしまう獣毛などにも対応できるといえます。

ハッピーケアなら、今までドライクリーニングで洗っていた衣類も対応が可能で、ドライクリーニングでは落とすことができない汗の汚れにも対応できます。そのため、洗浄力が高く黄ばみを防いで、型崩れがないため高級ブランド衣類にも活用することができるのです。実際にハッピーケアメンテを利用される方は、高級ブランド品の依頼も多くあります。