Category Archives: Uncategorized

撥水加工で衣類を長持ち

ハッピーケアメンテのサービスのひとつ、バリューONなら、お気に入りの衣類に加工を施し、まだまだ使い続けることができます。ハッピーケアメンテでは衣類を傷めないアクアドライ方法や、衣類のダメージを補修するリプロンの技術があります。それに加えてハッピーケアメンテのバリューONを活用すれば、まだまだ現役で活躍できる衣類になるでしょう。

水に弱いレザー商品には、基本的なハッピーケアメンテサービスに加えて、レザー撥水バリューONがおすすめです。レザー製品は水に濡れると耐久性が弱くなり、シミのようになり落ちなくなってしまいます。その前に撥水加工を施し、水に対し強くなるようにしましょう。レザーには水分が大敵とはいっても、予定外のときに雨に濡れる場合もあります。万が一の際に供えて撥水加工を施しておけば、レザーの表面に膜ができて水をはじくため安心です。

ハッピーケアメンテで利用できる撥水加工は、レザーそのものの風合いを残しながら水に強い加工を施すものです。そのため高級ブランド品への加工もしやすく、撥水加工が付けば普段のお手入れも楽になり、もっと活用する機会も増えるでしょう。レザー商品は、ブーツやパンプス、バッグなどいろいろな商品に対応が可能です。撥水加工ができるのは、スムースレザーのみで、スエードやヌメ革などは対象外となっています。レザーに撥水加工を施す前に、アクアドライで洗浄もしてくれるため、清潔に保ちながら同時に撥水もできるサービスです。

ハッピーメンテの撥水加工は、トレンチコートなどの衣類にもおすすめです。衣類の通気性を保ちながら撥水加工を施すため、雨の日に着る衣類に安心でしょう。撥水加工が対応できるのは、ダウンコート、トレンチコートなどです。ベルベット素材のジャケットにも対応でき、春から冬まで1年中着るコートやジャケットに加工してみましょう。ハッピーケアメンテで撥水加工をしたコート類は、雨に濡れても水が粒状となり、すぐに流れ落ちるため衣類を傷めることがありません。何年も前に購入したトレンチコートに、撥水加工を施せばまた新品のように着ることができます。

ハッピーケアメンテの撥水加工は、ネクタイのように汚れやすい衣類にもおすすめです。撥水加工は雨だけでなく汚れも付着しにくくなり、大切な衣類を長持ちさせるのに役立ちます。ネクタイは食べこぼしも付きやすいため、撥水加工を付けて汚れを防ぎましょう。プレゼントでもらった大切なネクタイも、ハッピーケアメンテの撥水加工で安心です。

管理人が選ぶサイト◇◇◇ハッピーケアメンテ – YouTube

衣類の特殊加工で長持ち

ハッピーケアメンテでは様々な加工方法が利用できるため、衣類を長持ちさせたい方は利用してみましょう。その加工法とは、バリューONと呼ばれています。例えば銀イオン抗菌により、嫌な臭いを取り除く方法が利用可能です。加工を施すことでニオイの移りや菌の繁殖も防ぐことができるため、シーズンオフの衣類に便利でしょう。衣類を長期間保管しておくと、どうしてもカビや菌などが付着し、ニオイが気になってしまうことがあります。その前にハッピーケアメンテの洗浄と銀イオン抗菌を活用してみましょう。

ハッピーケアメンテに出される衣類は、カシミアなど高級繊維のものも多くなっています。カシミアやアルパカなど獣毛製品は、独特のぬめりが魅力です。何年も着続けることでぬめりが失われ、パサパサな肌触りに変わってきてしまいます。バリューONサービスなら、獣毛独特のぬめりを再現でき、新品のような風合いに戻すことが可能です。ハッピーケアメンテの存在を知っておけば、高級ブランドのカシミアコートもどんどん活用することができます。

春の季節には、ハッピーケアメンテの洗浄と花粉プロテクトバリューONのW使いがおすすめです。花粉プロテクト加工をすると、繊維の中に花粉が入り込むのを防ぐため、衣類を軽くたたくだけで花粉を落とすことができます。花粉の時期にはツルツルした素材のコートしか着ることができないと感じていた方も、ハッピーケアメンテの花粉プロテクト技術があれば、様々な素材の衣類を楽しめるようになります。スプリングコートを洗って保管する前に、ハッピーケアメンテの洗浄と花粉プロテクトを加工してもらいましょう。

高級スーツを長く着続けたい方は、ハッピーケアメンテの折り目バリューONを活用してみましょう。ズボンの折り目を付けてくれる加工で、大切なスーツを長持ちさせます。ハッピーケアメンテでは、スーツを水洗いして汗の汚れまで落とす技術があるため、同時に洗浄方法も利用し、折り目バリューONのW使いがおすすめです。スーツは毎日着るものですから、汗もたくさん吸い込んでいます。折り目も次第になくなってくるため、折り目加工を付けてもらい、日々の手入れを楽に済ませることができます。

ハッピーケアメンテサービスで女性におすすめなのが、UVカットバリューONです。紫外線を80%カットすることができるため、紫外線による衣類の色あせ予防になります。薄手の衣類を着ると紫外線が通り抜けてしまうこともありますから、UVカットでお肌を守りましょう。

無重力洗浄装置とは

クリーニング店で利用できる水洗いと、ドライクリーニングには欠点があります。水洗いでは、界面活性剤で汚れを除去するために、揉むやたたくなどの動作が必要です。そのため機械による衣類への摩擦が生じてしまい、洗うたびに衣類が傷んできてしまいます。そこで水洗いのデメリットを克服するために生まれたのがドライクリーニングです。ところがドライクリーニングでは、水性の汚れは落とすことができず、汗を除去することはできません。このようにクリーニング店の水洗いとドライクリーニングは、どちらも問題があるため、それらのデメリットを解消したのが、ハッピーケアメンテです。

ハッピーケアメンテでは、水洗いを採用しています。以前からある水洗いの機械的摩擦を防ぎ、水洗いができるため汗の汚れも除去可能です。ハッピーケアメンテではこれら2つのメリットを用いた、無重力バランス洗浄装置を開発しました。機械の中で衣類が水中を舞うように無重力状態となり、衣類同士がこすれて摩擦を受けることがありません。

ハッピーケアメンテの無重力洗浄装置では、ドラム式の洗浄装置を採用しています。ドラム内に水流が発生し、圧力位差が発生することで、衣類に浮遊力が発生して無重力状態となるのです。衣類はドラム槽内の壁に衝突することがなく、ドラム槽内で広がるように浮遊し洗われていきます。浮遊するように広がる衣類は、摩擦での洗浄ではなく、水流で洗われていくのです。すると界面活性剤が繊維の中まで入り込み、高い洗浄力を実現しました。

ハッピーケアメンテの無重力洗浄装置は、手洗いするより優しいのに、洗浄力は十分発揮できます。ハッピーケアメンテのサービスで無重力洗浄装置を用いることで、今までは水で洗うことができない衣類にも対応可能です。水洗いすると型崩れの原因となる衣類の洗浄や、ドライマーク表示の動物繊維、レーヨンのようなデリケートな素材でも洗うことができます。優しい洗い上がりは、繊維を傷めることがなく、シルエットも崩すことがありません。また、水洗いしてしまうと縮んでしまう獣毛などにも対応できるといえます。

ハッピーケアなら、今までドライクリーニングで洗っていた衣類も対応が可能で、ドライクリーニングでは落とすことができない汗の汚れにも対応できます。そのため、洗浄力が高く黄ばみを防いで、型崩れがないため高級ブランド衣類にも活用することができるのです。実際にハッピーケアメンテを利用される方は、高級ブランド品の依頼も多くあります。

衣類のダメージを測るMA値

ハッピーケアメンテのサービスでは、衣類の摩擦を防ぎ、繊維やシルエットを守ることが大切だと考えています。洗浄力を高くしようと思うと、衣類への摩擦が大きくなりやすいため、ハッピーケアメンテでは極力摩擦を軽減させる方法を採用しています。衣類への摩擦度合いを表したものが、デンマークで生まれたMechanical Action洗浄テストです。通称MAと呼ばれるこのテストを利用すると、どのくらい衣類にダメージがかかるか調べることができます。

衣類へのダメージは、MA値10以下が望ましいとされています。ところが水で洗う洗濯機では、MA値40~50ともいわれ、何度も洗濯を繰り返すと、衣類へのダメージが蓄積してしまうのです。そのため、マイルドな洗い方を選択しても、衣類の質感が変化し、シルエットが徐々に崩れてきてしまいます。デリケートな衣類のことを考えると、MA値5以下が理想的です。水の流れだけで洗うことができれば、機械の物理的な摩擦が減らせるため、MA値5以下での洗浄が可能となります。それがハッピーケアメンテの独自技術の洗浄方法で、特許を取得しているため、どこにも真似ができない技術があるのです。

衣類へのダメージが少なく、型崩れしにくいドライクリーニングでも、MA値13はあります。それよりも優しい洗い上がりが可能としたのが、ハッピーケアメンテの技術です。ドライクリーニングは汗など水性の汚れを落とすことはできないため、洗浄力に関しても優しさに対してもハッピーケアメンテの無重力バランス洗浄技術が優れています。無重力バランス洗浄では水洗いを用いるため、水性の汚れも落とすことができ、かつ衣類が無重力状態のように舞うため、摩擦が少ない洗浄方法です。

デンマークで開発されたMAテストとは、布に直径35mmの丸い穴を空け、25cm角の布を用いてテストします。洗浄した後に、5つの穴がどれだけダメージを受けているかで、MA値を測定しているのです。ISO3175における基準として利用されている方法で、MA値50以下なら衣類のダメージが少ないとされています。一般的な洗濯機では、MA値45~55くらいで、それ以下になると汚れ落ちがしにくいため、ギリギリのラインだといえるでしょう。しかし、デリケート衣類を何度か洗っていくうちに、繊維がダメージを負ってしまうと感じてしまうこともあるはずです。

ハッピーケアメンテは家庭用洗濯機のような水洗いを利用しながら、MA値は5以下となるため、デリケートな衣類のケアに向いています。ハッピーケアメンテは家庭で洗うことができない衣類にも対応が可能です。

衣類のダメージ試験

ハッピーケアメンテでの洗浄方法は、ホーエンシュタイン研究所で測定を受けています。ホーエンシュタイン研究所とは、衣類についての実践的な研究所です。人体生理学と環境保全に貢献する研究所となっています。クリーニングに対する研究も行われており、繊維に残る物質の安全性試験も行っている機関です。ホーエンシュタイン研究所では、衣類の安全対策としてエコテックスを推進しています。

このホーエンシュタイン研究所により、ハッピーケアメンテサービスの安全性を評価してもらったデータがあります。ハッピーケアメンテでは無重力バランス洗浄方法を採用しており、この洗浄技術は特許を取得しているものです。衣類のダメージを極力なくし、水洗いが難しいとされてきた衣類にも対応できるのが魅力のサービスです。改めてホーエンシュタイン研究所に試験を委託することで、その安全性がわかります。

ハッピーケアメンテサービスを評価してもらう対象は、洋服4点です。これらはウール素材を用いたもので、メーカー側は品質を保つため水洗いを不可と表示しました。水洗いしてしまうとウールは繊維がこすれ合って縮んでしまうことがあるため、このような表示にするアパレルメーカーもあるのです。この衣類を使ってホーエンシュタイン研究所に試験を依頼し、どのくらいの収縮率で衣類に変化が起こるのか調べてもらいました。これらの衣類をハッピーケアメンテで採用している無重力バランス洗浄法で水洗いを5回、プレスを5回行ったところで、変化を測定しています。

ハッピーケアメンテの測定結果は、縦横の縮みはごくわずかで許容範囲内だと判断されました。プレスに関してはどの衣類も美しくプレスされていると評価されています。繊維の変化は、新品と比べても変化がごくわずかです。今回ウールの衣類を用いたため、若干のシワが発生しました。これは繊維が膨張したためで、機械による摩擦とは異なるものです。ハッピーケアメンテの総合評価は、有機溶剤を用いて洗浄した方法と比べて、サイズの変化や肉眼で確認できる変化もないと評価されました。

試験の結果から、ハッピーケアメンテの洗浄方法は、ドライクリーニングで洗った際とほぼ変わらず洗うことができると証明されました。水洗いができないウール素材において、ハッピーケアメンテサービスで水洗いを用いた際の実験内容です。ハッピーケアメンテは通常では水洗い不可とされていても洗うことが可能で、ダメージは少ないといえるのです。